Rei の記事

11件の投稿

小学6年生の君へ

小学6年生の皆さん。
あなたには、クラスに好きな異性がいますか?
気になる男子、ついつい目で追ってしまう女子はいませんか?
夜、一人でいるときに、笑顔や声を思い出してしまう子はいませんか?

その人と、キスをしたいと思ったことはありませんか?
その人の、裸(はだか)やエッチな姿を想像したことはありませんか?

小学生の皆さんにとっては、少し答えづらい質問だったかもしれませんね。
でも、好きな異性の裸を想像したり「その子の身体に触れてみたい」「エッチなことをしてみたい」という気持ちは、人間として当たり前の感情です。
恥ずかしがる必要はありません。
ご両親や学校の先生もみんな、皆さんと同じように異性に興味をもち、エッチなことをしてみたいと思っていたのです。
ところが、大人になるとついつい恥ずかしくなって、子どもである皆さんに本当のことを話してくれなくなってしまいます。
困りますよね。

このテキストは、そんな皆さんのために作られました。
これから男子と女子の身体の違いや、エッチの仕方などをみんなで学習していきます。
恥ずかしがったり、自分には関係ないなんて思わずに、しっかり学習しましょう。
皆さんも、もう来年は中学生です。
中学生にふさわしい「性」の知識を身につけてください。

登場人物紹介1

「学習」や「知識を身につける」と聞くと、「なんだ、また勉強かよ」と嫌になってしまう人もいるかもしれませんね。
でも安心してください。
このテキストでは、みなさんの先輩である中学生の男の子や女の子に実技や実演をしてもらい、できるだけ分かりやすく説明していきます。
その1人めが、中学2年生の村上 彩(むらかみ あや)さんです。
まずは、彩さんの自己紹介を聞いてください。

今回、皆さんと一緒に学習してくれるお姉さん、村上 彩さんです。
皆さんと同じ小学6年生の弟がいる、普通の中学2年生です。


「小学6年生の皆さん。はじめまして。
 西堀市立西堀中学校2年、村上 彩です。
 これから、皆さんと一緒に人間の『性』について勉強していきます。」
「なんで『性』のことなんか勉強するんだよ、性のことなんか知りたくないよ。
 そんな風に思う人もいるかもしれませんね。
 でも、皆さんも来年からは中学生。
 今は中学生の8割以上が、異性と『お付き合い』する時代です。」
「お付き合いすれば、当然キスしたり、身体に触れたり、、、。
 場合によってはセックスしたりすることもあります。」
「いざその時になって、『実は僕、、、。実は私、、、。
 セックスの仕方がよく分からないんだ』なんて恥ずかしすぎますよね?」
「そんな思いをしないですむよう、今のうちに『性』についてくわしくなって
 おきましょう。
 私たち女子は、物知りで頼れる男子が大好きなんですから。」
「でも、安心してください。
 覚えることばかりで、嫌になってしまわないよう、
 私がモデルになって、1つ1つ分かりやすく説明していきますからね。」

彩さんは、中体連(中学校体育連盟)所属の部活動に在籍する生徒の中から抽選で選ばれました。


女子の身体や性の実演については、この彩さんに協力してもらいます。
彩さんは、恥ずかしさから、はじめ今回の企画を辞退(じたい)しようと考えていたそうです。
ところが、皆さん小学6年生の「後輩のためだ」と部活動の顧問の先生に説得されて、出演を決意してくれました。
彩さんの頑張りに期待しましょう。

登場人物紹介2

続いては男子の出演者、佐川 博(さがわ ひろし)くんの自己紹介です。
彩さんと同じ学校の中学2年生、つまり彩さんのクラスメイトの男の子です。

今回、皆さんと一緒に学習してくれるお兄さん、佐川 博くんです。
一人っ子で、部活には入っていない「帰宅部」だそうです。



「あ、どもです、、、。
 村上さんと同じクラスの佐川 博といいます。
 村上さんが、抽選でこちらの企画に選ばれたと聞きまして、
 ネットで調べてみたら、まだ相手役が決まっていないとのことだったので、
 ダメ元で応募してみまして、、、。」
「なんでも、抽選で選ばれたどこかの中学の野球部の男の子が辞退したとかで、
 それで偶然僕が選ばれまして、、、。
 自分でもビックリしました、本当に。」
「僕が相手だということは、まだ村上さんは知らないと思います。
 まあ正直、僕自身もクラスメイトと色々するのは、ちょっと緊張してますけど。」
「なにしろ、彩さんは運動部で元気な子で、学級委員もやったりしてて、、、。
 学校では、あまり接点がなくて話したこともありません。
 でも、今日は全力で頑張りたいと思います。」

博くんは、どうやら彩さんのことが気になっているようです。
まだ片思いですが、今回の企画が交際のきっかけになるといいですね。


男子の身体や性の実演については、この博くんに協力してもらいます。
自己紹介でも話している通り、本当は別の中学校の別の男子が出演する予定でした。
ところがその子はどうしても恥ずかしいと土壇場(どたんば)になって辞退してしまったため、私たちスタッフが慌ててホームページで出演者を募集したところ、たまたま最初に応募してくれたのが博くんだったのです。
抽選ではなく、立候補で出演してくれたのですから、やる気は満々。
皆さん、博くんの活躍に期待してくださいね。

「性」を学ぶために大切なこと

さて、これから博くんと彩さんの2人に協力してもらって、皆さんと一緒に「性」を学習していくのですが、その前に1つだけ大切なことを伝えます。
それは、「性」を学ぶにあたって「恥ずかしがらない」ということです。

このテキストには、男の子の「オチンチン」や女の子の「おっぱい」などが、言葉や画像でたくさん出てきます。
そのたびに必要以上に恥ずかしがったり、出演者をちゃかしたりしないようにしてください。
これから学ぶことは、決して恥ずかしいことではなく、ただエッチなだけの話ではありません。
人間として生まれ、これからも人間の社会が続いてほしいと思う人にとっては、絶対に身につけなければならない知識なのです。

このテキストによって、皆さん小学6年生の中で1人でも多くの人が、正しい「性」の知識をもち、セックスに興味を抱いてくれればと思います。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

PAGE TOP